広域に店舗網を持つ地方銀行

広域に店舗網を持つ北陸銀行

名古屋でトップ規模を誇る名古屋銀行

地域のコアバンクを目指すみなと銀行

地域のコアバンクを目指すみなと銀行

みなと銀行のCSR活動

みなと銀行は地域に密着しお客様とのつながりを大切にする地域金融機関として、社会貢献や環境保全活動など、CSR(企業の社会的責任)にも積極的に取組んでいます。

みなと銀行では地域貢献活動の一環として、平成28年熊本地震への対応としてみなと銀行グループの役職員の募金による義援金を寄贈したり、熊本県など被災地の銀行のキャッシュカードを使用してみなと銀行のATMを使う際は、その利用手数料を無料にするなどして支援しています。また阪神・淡路大震災の経験から、災害時にお客様の大切なデータを守り銀行業務を継続するために、バックアップシステムを導入しシステム訓練も実施しています。

また、兵庫県内のお祭りやイベントにも積極的に参加したり協賛して、地域の住人の方々との交流を深めています。スポーツ振興の取組みとしては、地元神戸のプロサッカーチーム「ヴィッセル神戸」のオフィシャルスポンサーとして、地域の子供たちを公式戦に招待したりしています。また、恒例の「神戸マラソン」のスポンサーとして応援し、みなと銀行の行員がボランティアとして大会運営のお手伝いをしました。

文化振興への取組みとしては、阪神淡路大震災の犠牲者への鎮魂と再生を願って続けられている光の祭典「神戸ルミナリエ」への協賛、三井住友銀行と共同で大阪フィルハーモニー交響楽団の演奏会の開催などを行っています。

みなと銀行では環境保全へも力を入れています。環境対策に取組み環境認証を取得している法人や、太陽光発電システムなど環境に配慮した省エネや新エネ機器を備えた住宅やそれらの機器を購入する個人に向けて、貸出金利を引き下げた各種「エコローン」を提供しています。また、「須磨海岸クリーン作戦」など地域の清掃活動にも参加して、環境負荷軽減の活動を行っています。