広域に店舗網を持つ地方銀行

広域に店舗網を持つ北陸銀行

名古屋でトップ規模を誇る名古屋銀行

地域のコアバンクを目指すみなと銀行

和歌山県の地域経済を支える紀陽銀行

地域社会と共に成長していく鹿児島銀行

震災復興に貢献する仙台銀行

地元で確固たる存在感を示す三重銀行

和歌山県の地域経済を支える紀陽銀行

地域の発展と成長に取組む紀陽銀行

紀陽銀行は和歌山県和歌山市に本店を置く第二地方銀行です。明治28年に設立され、平成27年5月には創立120周年を迎えました。現在は和歌山県に本店のある地方銀行は唯一紀陽銀行だけとなり、地元企業のメインバンクとなっています。

紀陽銀行は100年以上の歴史があり和歌山県の経済を支える銀行として、地元の人々からも親しまれている銀行ですが、大阪、東京、奈良を含め全国で110店舗の支店や営業所を展開しています。「銀行をこえる銀行へ」をブランドスローガンとして、コンサルティング力を強みとした営業を展開しています。

紀陽銀行は特に大阪エリアのシェア拡大を目指して支店数も増やし、現在では大阪の堺支店に本部機能を移転して営業推進本部を置くなど、機能の強化を図っています。堺支店は堺市のメインストリートに位置し、世界的に著名な建築家である安藤忠雄設計による大胆なデザインの建物で、その界隈のランドマークになっています。

紀陽銀行では「銀行をこえる銀行へ」を実現するために人材の育成やその登用に力を入れ、重要なポジションにも若手を積極的に配置するなど、行員一人ひとりのスキルアップを図っています。また、紀陽銀行では女性の活躍推進に力を入れています。子育てや介護と仕事の両立を支援し、ワークライフバランスの実現に向けてより働きやすい職場環境の整備に取組んでいます。

地域社会との共生を目指す紀陽銀行では、社会貢献活動の一つとして文化振興活動にも積極的です。平成7年に創立100周年を記念して、財団法人「紀陽文化財団」を設立し、優れた音楽や美術など芸術や文化の推進を通じて、豊かな地域社会の創造を目指しています。毎年クラシックコンサートを開催して良質の音楽を提供し、和歌山県立近代美術館博物館への大学生無料入館日を作るなど、文化や芸術活動への貢献に取組んでいます。