広域に店舗網を持つ地方銀行

広域に店舗網を持つ北陸銀行

名古屋でトップ規模を誇る名古屋銀行

地域のコアバンクを目指すみなと銀行

和歌山県の地域経済を支える紀陽銀行

地域社会と共に成長していく鹿児島銀行

震災復興に貢献する仙台銀行

地元で確固たる存在感を示す三重銀行

お客さま中心主義の静岡中央銀行

お客さま中心主義の静岡中央銀行

静岡中央銀行の将来に備える商品

現在、公的年金だけでは老後生活に不安を感じ、自力で準備を始める方が多くなっています。静岡中央銀行では、老後資金の準備や万が一の時に備えるために、提携している保険会社の様々な商品を紹介しています。

老後に備えるための商品として注目されているのが「個人年金保険」です。保険料を一定期間払込み、契約時に決めた時期に年金として受取る保険で、中途で亡くなった場合には保険料は死亡給付金として遺族へ支払われます。個人年金保険には、契約時の金利のまま運用される定額年金保険と、その時の経済状況によって運用実績が変わる変額年金保険の2種類があります。また保険金の支払い方法にも一括型や期間満了まで一定額を払い込んでいくタイプ、そして外貨建ての商品もあります。

同じように老後を支えるための資金作りの商品として、公的年金に加入している60歳未満の方が加入できる「確定拠出年金(iDeCo)」という私的年金制度があります。個人年金保険と違うのは、自分で掛け金を拠出して定期預金や投資信託などの運用商品を選んで自分で運用するという点です。運用の成果を「一時金」や「年金」の形で受取れますが、掛金の拠出時や運用時、受給時の税金が優遇されます。静岡中央銀行は、運営管理機関である東京海上火災株式会社の受付窓口となっています。

さらに静岡中央銀行では、終身保険も取り扱っています。終身保険は一生涯保障が確保でき、万が一の時は家族に保険金を残せますし、解約返戻金も受取れます。保障と同時に貯蓄性もあるので資産運用にも利用できます。「一時払終身保険」は、契約時に保険料を分割で納めるのではなく一回で支払うタイプで、保険料を安く抑えることができます。さらに「生命保険控除」などで所得税や住民税の節税ができ、保険金の受取人を指定することができるので相続対策にもなる保険商品です。終身保険は様々なタイプがあり、負担する費用やリスクは商品によって異なります。各社の商品を比較検討することがお勧めです。