広域に店舗網を持つ地方銀行

広域に店舗網を持つ北陸銀行

名古屋でトップ規模を誇る名古屋銀行

地域のコアバンクを目指すみなと銀行

和歌山県の地域経済を支える紀陽銀行

地域社会と共に成長していく鹿児島銀行

震災復興に貢献する仙台銀行

地元で確固たる存在感を示す三重銀行

お客さま中心主義の静岡中央銀行

広域地方銀行として成長する百十四銀行

地域との共存共栄を理念とする宮崎銀行

地域のコミュニティ銀行として活躍している大東銀行

持続可能性のある発展を目指す東和銀行

地域のアドバイザーとして貢献する大光銀行

身近で親しみやすい銀行として貢献する宮崎太陽銀行

身近で親しみやすい銀行として貢献する宮崎太陽銀行

宮崎太陽銀行の経営理念

宮崎太陽銀行は昭和16年に宮崎県に誕生した地方銀行です。宮崎県内を中心として鹿児島県や大分県、福岡県に店舗を展開しているほか、2019年12月にはインターネット支店「たいようネット支店」も開設されました。本店は宮崎県宮崎市にあります。

創業当時から「日進月歩の伸展」「地域社会の繁栄」「生活文化の向上」を経営理念として掲げる宮崎太陽銀行では、地域の金融機関として地元の中小企業や個人のお客さまとの信頼関係を大切にし、「お客さまから選ばれ続ける銀行」を目指しています。地元エリアでの金融環境は、少子高齢化や人口減少に加え新型コロナウイルスの感染拡大など、かつてないほどの厳しい状況ですが、お客さまの良き相談相手となり、充実した金融サービスや質の高い商品を提供し、地域経済への貢献に意欲的に取組んでいます。

豊かな地域社会実現のために、宮崎太陽銀行の活動は多方面にわたります。美術に関する海外留学を支援する「宮崎県美術海外留学賞」に協賛し、各種音楽祭や著名人による講演会を開催している他、芸術文化振興に対する人材育成には力を入れて支援を行っています。県内企業への関心を高めてもらうために高校生を対象に各企業の職場体験のバスツアーを実施し、宮崎県内の次世代を担う若者や子ども達に様々な経験や知識を学ぶ場を提供して教育や就職の支援をしています。また、環境問題への取組みにも積極的です。本店に設置している街路灯の照明に太陽光を利用したり、地下のタンクに雨水を貯めてトイレ洗浄用の水として再利用しています。

宮崎太陽銀行では、高卒採用の行員に働きながら通信制大学で学べる制度を実施し、キャリア形成の支援を行っています。また、県内企業としては初めて「ドナー休暇制度」を導入し、骨髄提供のための入院や検査にかかる約10日間を特別休暇として認め、職場に遠慮することなく提供に協力できる制度を実施するなど、職場環境に対しても他にはない取り組みを次々と実施しています。